小池 真莉奈さん ICL体験談

東京在住、20代、会社員の小池真莉奈さん。会社では経理を担当しており、長時間のデスクワークも多い。旅行で温泉を巡ることが楽しみの一つ。ICL施術前の視力: 右0.02 左0.02

Koike testimonial page 1

22歳でICLの手術を受けました

小さい頃から近視だったんですよ。小学2年生のときには、もうメガネをかけていましたね。高校生になってからはコンタクトレンズを使っていました。実は最初はレーシックを受けるつもりでお医者さんに相談したんですが、私は強度近視だったので、ICLを勧められました。もともとレーシックと一緒にICLも事前に調べていたので、どういうものかは知っていました。正直費用で少しためらいましたが、角膜を削らない、レンズを取り外せば元の目の状態に戻せる、という点が決め手になり、その場で決断しました。

Koike testimonial page 2

「裸眼」へのあこがれ

学生の頃は、視力が悪いから、水泳の時間に見えなくて困ったり、旅行先の温泉も、一人だけ景色が楽しめなかったり、ネガティブなことがある度に、裸眼の人が羨ましかったですね。お仕事を始めてからは一日中デスクワークで、夕方になるとコンタクトが乾いてゴロゴロしてくるので、目薬が手放せませんでした。
私の個人的な感覚ですが、ICLをしてからやっぱり目の疲れ方が変わりました。気付いたらもう定時手前だなんてこともありますね。一番変化を感じているのは生活面で、疲れて帰ってきて眠いときにコンタクトを外さなくていい、っていうのが、裸眼の人には分からないかもしれませんが、本当にうれしいんですよ(笑)
Koike testimonial page 2 Koike testimonial page 1

“朝起きてメガネを探すことから始まって、コンタクトレンズをつけて仕事に向かう。家に帰ったらコンタクトを外す。それが何年も当たり前のように生活の一部でした。”

ICLをしてから、いろんな意味でストレスフリーになりました。遅い時間までお仕事が続くとコンタクトレンズが乾いて、いつの間にか険しい顔になっていたみたいです。同じ職場の人からも、最近なんだか楽しそうだねって言われます。大好きな温泉に入るときも、目に水が入ったり、コンタクトが乾燥して目に張り付いたりする煩わしさから解放されました。手術前はもちろん不安もありましたが、仕事もプライベートも視力のことを気にせずにいられるので、一歩踏み出して本当に良かったと思います。

ICLに興味を持ったら。認定医が在籍する病院はこちらから検索できます。

重要な安全情報

眼内コンタクトレンズ(有水晶体眼内レンズ)治療は強度近視の矯正に適しています。適応は-6Dを超える近視とし、-15Dを超える強度近視には慎重に適応を検討することとなっています。患者様がこの範囲の近視であれば、治療により眼鏡やコンタクトレンズ無しでの良好な遠方視力に矯正されます。なお眼内コンタクトレンズ治療は遠方の見え方を矯正するものであり、老眼を治療するものではありません。老眼鏡を既に使用していた方、又は潜在的に老眼だった方は、近くを見るのに老眼鏡が必要になります。


眼内コンタクトレンズ治療は手術療法です。手術には潜在的なリスクが伴います。リスクの詳細については、ICL認定クリニックを受診して相談することをお願いします。非常に稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

下記に該当する場合は眼内コンタクトレンズ治療を受けられません。

医師が眼の形状が眼内コンタクトレンズの移植に適当でないと判断した場合

妊娠中、あるいは授乳期間の女性

角膜内皮数が年齢に対する基準値を下回ると医師が判断した場合

視力が不安定であると医師が判断した場合

眼内コンタクトレンズ治療を受けるために、認定クリニックを受診して十分な検査を受け、治療の潜在的なメリットやデメリット、合併症、術後の回復期間等について説明を受け疑問点を相談して下さい。 さらに治療に関する情報が必要な場合は、こちらの安全情報の確認をお願いします。


参照

相談できるクリニックを探す