近視・乱視の不便は、卒業できる

裸眼でいられることは、近視や乱視による日常の煩わしさから解放されるということ。ICLには、単に視力だけではない大きなメリットがあります。

ICLで1日のすべてが、もっと輝く

眼内コンタクトレンズ(=ICL)で、ずっと裸眼の毎日へ。知らなかった快適さや新しい感覚とともに、鮮やかな世界が広がります。
ICL(眼内コンタクトレンズ)について
Homepage dry eye image Kawakita

ICLならドライアイも、心配ない

他の近視・乱視治療とは異なり、ICLはドライアイを起こしにくいとされています。

Envision a Life Without Hesitation

ためらいなく、やりたいことを思いのままに

たとえばジムでも、サーフィンでも。ICLなら何も躊躇せず、すべてのスポーツを裸眼で思い切り楽しめる毎日へ。ICLで、後悔のない人生を。

Experience the More Natural Choice

選ぶなら、目に優しい方法を

ICLは生体適合性の高いレンズであり、リスクが低く、目に負担がかかりません。後からレンズを取り出したり、交換することも可能です。

Home Day Image Home Night Image

いつも、変わらない見え方で

昼間でも夜間でも、室内でも屋外でも 。一日中ずっと安定した見え方が続くのもICLの大きな特徴です。

Your Futures Bright

さらに、紫外線もカット

ICLには独自のUVカット機能が備わっており、あなたの目を紫外線からまもります。

1,000,000+

レンズ100万枚以上の治療実績

メンテナンスも不要

眼内コンタクトレンズだから、くもりも汚れもなし。日々のお手入れの手間も省けます。

ICLに興味を持ったら。認定医が在籍する病院はこちらから検索できます。

重要な安全情報

眼内コンタクトレンズ(有水晶体眼内レンズ)治療は強度近視の矯正に適しています。適応は-6Dを超える近視とし、-15Dを超える強度近視には慎重に適応を検討することとなっています。患者様がこの範囲の近視であれば、治療により眼鏡やコンタクトレンズ無しでの良好な遠方視力に矯正されます。なお眼内コンタクトレンズ治療は遠方の見え方を矯正するものであり、老眼を治療するものではありません。老眼鏡を既に使用していた方、又は潜在的に老眼だった方は、近くを見るのに老眼鏡が必要になります。


眼内コンタクトレンズ治療は手術療法です。手術には潜在的なリスクが伴います。リスクの詳細については、ICL認定クリニックを受診して相談することをお願いします。非常に稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

下記に該当する場合は眼内コンタクトレンズ治療を受けられません。

医師が眼の形状が眼内コンタクトレンズの移植に適当でないと判断した場合

妊娠中、あるいは授乳期間の女性

角膜内皮数が年齢に対する基準値を下回ると医師が判断した場合

視力が不安定であると医師が判断した場合

眼内コンタクトレンズ治療を受けるために、認定クリニックを受診して十分な検査を受け、治療の潜在的なメリットやデメリット、合併症、術後の回復期間等について説明を受け疑問点を相談して下さい。 さらに治療に関する情報が必要な場合は、こちらの安全情報の確認をお願いします。


参照

相談できるクリニックを探す